2007年09月21日

「うそ1回で1万円といわれた」神戸のいじめ自殺 遺書の全容が判明

「うそ1回で1万円といわれた」神戸のいじめ自殺 遺書の全容が判明
9月21日15時2分配信 産経新聞
いじめ自殺子どもたちの叫び


 神戸市須磨区の私立高校で今年7月、校舎から飛び降り自殺した同校3年の男子生徒=当時(18)=に、同級生の少年(17)らが金品を要求していた恐喝未遂事件で、男子生徒が残した遺書めいたメモの全容が21日、わかった。メモには、現金を要求されたようすや下半身がインターネットのホームページ(HP)に掲載されたことが触れられていた。
 メモは「世界一の幸せ者でした」という書き出しで、金品を要求されていたことや、男子生徒の下半身の写真が掲載されたとされるHPについて記されていた。所々に日付をあらためる表現があり、数日かけて書かれたとみられる。
 関係者などによると、メモはA4判3枚。2枚目までは手書きで、3枚目はパソコンで作成されていた。「世界一の幸せ者でした」という書き出しで、両親への感謝の言葉が記されていた。その後、「うそ1回で1万円といわれた。金がたまるいっぽう」「払われへん」などという金品要求を受けていたことを記載。
 さらに、男子生徒の下半身の写真が掲載されたとされるHPについて、「自分がつくったものではない」などと記していた。これらの文章の間には「○日に続いて(書きます)」「しばらくして」など日付をあらためるような表現があり、数日にわたって書き上げたとみられる。
 男子生徒に対する金品要求は今年春ごろからあったが、6月ごろから激化。「うそをついたから5万円払え。払わなければ何をされるか分からないぞ」などというメールが頻繁に送られるようになった。自殺前日の7月2日には携帯電話のメールアドレスを変更していることなどから、男子生徒が自殺する直前には金品要求がいっそう激しくなったとみられる。
 こうしたことから県警は、金品要求の激化とともに男子生徒が自殺の意思を固めていった可能性が高いとみている。

【関連記事】
・ 「下半身写真、ネットに」神戸の自殺生徒がメモ
・ グループでたびたび使い走りさせる 自殺高校生への恐喝未遂事件
・ 神戸のいじめ自殺 同級生ら「あいつは金の収入源」
・ 「いじめというより犯罪」神戸の自殺で文科相が批判
・ 神戸のいじめ自殺、同級生逮捕 生徒は不安顔…

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070921-00000928-san-soci


いじめ自殺子どもたちの叫び
posted by いじめ被害者は全国ネットで実名まで公開され、いじめ加害者は、罪もなく平和に過ごせる腐った社会を改善しなくてはならない at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。